いろいろらいん 機能ガイド

スタンプカード機能

いろいろらいん 機能ガイド

スタンプカード機能

LINEのリッチメニューにスタンプカード(QRコードつき会員証)を設定することができます。
スタンプカードは2種類作ることができます。

便利な機能

お客さまごとに割り振られたQRコードで、スタンプ(ポイント)を管理することが出来ます。スタンプ(ポイント)の付与履歴が確認でき、どのお客さまがお得意様なのかも一目瞭然です。

スタンプ(ポイント)に特典がなくても大丈夫。だから料理教室やイベントの出席を参加者単位で集計するような、参加数・出席数を「特典なしのポイント付与」で確認する使い方もできます。

また、管理者アカウントで店舗単位のアカウントを管理できるので、お客さまに店舗を横断したポイント発行も可能です。お客さまが系列店を訪れるように、プロモーションを工夫することができます。

LINEのスタンプカード画面

通常のスタンプの付与と消費は、QRコードの読み取れるスマートフォンやPCで行えます。

※ お客さまのスマートフォンでQRコードを読み取ってスタンプを取得していただく、「 セルフスタンプ機能 」(後述)もあります。

いろいろらいんのスタンプ付与画面

いろいろらいんの各種設定画面

スタンプの消費についての条件は、管理画面で設定可能です。スタンプカード1枚あたりのスタンプ数、スタンプカードの案内テキスト(2種)を設定できます。

いろいろらいんのスタンプ付与履歴一覧画面

スタンプの付与履歴を管理画面から確認できます。

スタンプの付与や消費の履歴が、アカウントと日時データ付きで確認できます。どのお客さまがどれくらいポイントを貯めているか、定期的に使ってくれているお客さまが誰か、バッチリわかります。

いろいろらいんの顧客一覧画面

スタンプの付与数や保有数は顧客一覧からも確認できます。

カラースタンプ

スタンプは管理者アカウントごとに色が設定できます。78色から選べ、スタンプカードに管理者アカウント名が表示されます。

    • 地域の観光協会で赤いスタンプを取得
    • お土産屋A店で青いスタンプを取得
    • 飲食店B店で黄色いスタンプを取得
    • 観光協会で3色のスタンプを確認し、景品を渡す。

といった、ウォークラリーを簡単に実現できます。

金額スタンプ

スタンプは’ 個数での付与 ‘、または、’ 利用金額で自動計算した付与 ‘のどちらかを選択できます。

‘ 利用金額で自動計算した付与 ‘については、金額の端数切り捨て、または、四捨五入のどちらかを選択できます。自動計算後に、スタンプ付与数を増減させる編集ができるので、たとえば「ポイント2倍キャンペーン」にも柔軟に対応。

また、スタンプ付与履歴にご利用金額の履歴が残るため、顧客単価の高いお客様を把握することもできます。

スタンプ付与履歴の確認画面

セルフスタンプ機能

お客さまの端末でQRコードを読み取ることで、事前に設定しておいた個数のスタンプを取得できる機能です。管理者ごとにQRコード発行ができ、1回読み込んだ場合のスタンプの取得数の設定ができます。

また、1日あたり何回までスタンプの読み取りを許可するかは『各種設定』から設定可能です。

例 : 1日あたり1回にすると、お土産屋で1回、ホテルで1回、観光案内所で1回、といった、それぞれの場所で1回ずつ読み取れる状態になります。

    • 店舗スタッフにQRコードを印刷したカードを渡し、端末無しでスタンプを付与する
    • 観光地に貼り出し、いつでもスタンプが押せるようにする

といったことが可能です。

活用イメージ

    • 小売店や飲食店の囲い込み施策として
    • 美容室やサロンなどの会員管理に
    • 観光協会やアミューズメント施設のスタンプラリーに
    • スポーツジム等の来店管理に
    • ライセンス系ビジネスの出席管理に

関連する機能ガイド